大久保の里づくり協議会 > 体験教室 > 山遊び体験(7月20日)開催しました

山遊び体験(7月20日)開催しました

▲クヌギの木でカブトムシを捕獲

13日に引き続き、20日にも19名の子どもが参加して、山遊び体験教室を開催しました。夏休みに入り、元気な子どもたちが集まってくれたお陰で、大久保の里も賑やかになりました。

クワガタクイズでは、全く分からない子から、博士級の子までいました。ヨーロッパミヤマクワガタ?とかいう回答をしていただいたり、ミヤマクワガタは美山さんが発見したの?とかおもしろい質問も飛び交いました。

地域おこし協力隊と一緒に行った「カブトムシ新喜劇」では、熱の入った演技で大人も子どもも楽しんで、たくさん笑っていただけました。スタッフにとってはこの笑いが、本日一番の収穫でした。

夜間採集では、光トラップにカブトムシが飛来していました。蝉もたくさんいて、いろんなムシを捕まえていました。クヌギのルッキング採集では、カブトムシのペアやカミキリムシ、カナブンなどがたくさんいました。コクワガタも1匹だけ採集できました。

最後に、ガチャポンでクワガタやカブトムシをお土産に持って帰り、集まった方全員が嬉しそうな顔で帰っていただけました。

ご参加いただきました方々には本当にありがとうございました。また来年もお会いしましょう。

活動写真


▲八坂神社の境内に集まった参加者


▲クワガタのクイズ。とてもおもしろい質問が飛び交いました。


▲カブトムシ新喜劇は、大人から子どもまで笑っていただけました。


▲光トラップにはたくさんの昆虫が集まっていました。


▲クヌギにもたくさんの昆虫が集まっていました。


▲代表でカブトムシを捕獲してもらいました。


▲カブトムシがいないかみんなでクヌギを探しました。


▲最後にガチャポンでお土産を引き当てました。


▲お土産を嬉しそうに見ていました。