大久保の里づくり協議会 > 体験教室 > 大自然の川で遊ぶ!田舎遊び体験教室

大自然の川で遊ぶ!田舎遊び体験教室

大久保の里に集まったみなさん!

7月28日、田舎遊び体験教室(川遊び)を初めて開催させていただきました。

集まってくれた子どもたちは全部で21人。保護者を含めると40人以上の方が参加してくれました。大半は徳島市内の方で、こんな大自然の川原で遊ぶことは初めての方がほとんどでした。

会場に着いたら、まず最初に注意事項などを説明し、さっそく釣り竿づくりに取りかかりました。釣り竿も天然の竹から枝をとって、3mぐらいの長さに切るという、大変な作業からやってもらいましたが、子どもたちは予想どおり悪戦苦闘。糸と針、おもりを付ける仕掛けづくりまで、ほとんど、保護者の方がやっていました。coldsweats01 もう少し時間をかけられれば、自分で出来たかも知れませんね。

出来た竿で、放流してあったアメゴを釣ろうとしましたが、アメゴは臆病で警戒心が強いため、今回は釣り上げることは出来ませんでした。それならばと、つかみ取りをしましたが、こちたも、すばしっこい元気な魚くんに一苦労!最終的に網で捕まえたりして、ようやくみんなが食べられる分を捕まえることが出来ました。

さて、昼食の準備ですが、まず、お米を研いでもらいました。それを飯ごうに入れ、石窯を作って、火にかけて・・・全部自分たちの力で準備をしました。おかずのアメゴも腹を割き、内臓を取って、竹串に刺す。ぜ~んぶ自分たちでやってみました。それを食べたときのおいしさといったら最高!これは、体験した人だけに味わえる至福のひとときだったと思います。

昼からは、スイカ割りと鉱石探しを行いました。大久保の奥には昔、鉱山があり、割るとキラキラと輝く鉄鉱石が存在します。本物の宝探しのようで、とても楽しそうに集めていました。あっという間に時間が過ぎ、子どもたちはお父さんやお母さんと一緒に、普段味わえない体験をすることが出来たと思います。このような経験を通じて、親子の絆や信頼関係が生まれるのだと思います。

この夏の体験会は、今年初めての企画であり、いろいろと段取り不足の部分がありましたが、来年もバージョンアップしてやりたいと思いますので、ぜひご参加ください。


会場へ到着!山ん中~!


はじめに注意事項などの説明を行いました


竹から竿づくり!これが以外と大変


糸と針、おもりを付けた仕掛けづくり


アメゴ釣りの様子


つかみ取りの様子


アメゴの塩焼き。スダチを搾って最高のおいしさ!


石のかまどで飯ごう炊飯。


お焦げの香ばしいにおいが食欲をそそります。


スイカ割り。赤いスイカ、美味しかった~!


鉱石探し。