大久保の里づくり協議会 > 風景・その他 > 新緑が美しい 大久保の里

新緑が美しい 大久保の里

新緑のいちょう

5月に入り、新芽が芽生えはじめました。大久保の里も秋とはまったく違った、新緑の美しい風景となっています。

カブトムシの森に植樹したクヌギも新芽が芽生え、順調な生育です。シカに食べられないように、2メートルの防獣ネットで囲ってあるお陰で食害もなく、安心しています。ただ、草もたくさん生えてきたので、6月頃までには草刈りもしなければいけません。樹が大きくなる3年後頃までは、管理が大変です。

クワガタも順調で、今現在140匹以上の幼虫が元気に育っています。中には、成虫になっているクワガタもいたり、サナギになっているものもいます。夏にはどれぐらいのクワガタが成虫になるのか楽しみです。


大久保の里 新緑の風景(奥から)


大久保の里 新緑の風景(手前から)


大久保の川


カブトムシの森


クヌギの新芽


原木椎茸 今は静かに熟成期間!