大久保の里づくり協議会 > 会議報告 > 人材育成会議 > 第2回人材育成会議(カブトムシ採集体験)

第2回人材育成会議(カブトムシ採集体験)

協議事項

  • 前回と同様にクワガタムシ勉強会及び採集について実体験

帰省してきた地元出身者の子どもを集めて、勉強会を開催した。クワガタムシの種類と生態、採集方法、飼育方法、繁殖方法。

実際に灯火採集と樹液を探すルッキングを行った。成果は灯火収集が0匹、ルッキングが4匹であった。

クワガタ採集は終盤を迎え、成果が少なかったが、初めての体験ということもあり子ども達は大喜びだった。田舎の素晴らしさを堪能できたのではないかと思う。

  • 時期的な問題

お盆となるとカブトムシやクワガタの多くは交尾を済ませ、産卵期へと移行している。そのため、採集は難しい。ミヤマクワガタは8月終わりまで捕れるらしい。来年一般公募して行う採集体験は、7月から8月上旬までの期間で行う必要がある。また、夜間の採集は危険であるため、保護者同伴で事前の危険性の説明を十分に行う必要がある。

活動写真


大久保で採集したノコギリクワガタ


集まった子どもたち(15人)


子どもも説明に参加


灯火採集の様子